2006年01月

地球との共生 W140 Sクラス2006年01月31日

地球との共生 W140 Sクラス

スポンサードリンク

私たちの環境を、そして美しい地球を守るために。
1世紀を越える歴史を経て、自動車は、ますますわたしたちの暮らしにとって欠くことのできない役割を果たしています。
そのもたらす恩恵は深く認められながら、一方では、大気の汚染、リサイクル処理といった問題も重要な課題として捉えられてきました。
常に自動車エンジニアリングをリードするメルセデス・ベンツでは、環境問題への取り組みを1950年代から行なっています。
有害な排気ガスの削減、素材の選定、製造ラインの企画段階からリサイクリングに至るまでの一貫した環境保護の姿勢。
新しいSクラスは、自動車と環境との関わりを真正面から見つめて生まれました。

クルマのカタログなのにやたらと前置きが長いです。どのクラスもですが...クルマに関しての記述はこの次ページから。さすがSクラスです。s-2


ベンツCクラスW203

未来への調和 W140 Sクラス2006年01月29日

未来への調和 W140 Sクラス

スポンサードリンク

未来への調和
至高の新次元、ニューSクラス

メルセデス・ベンツSクラス。1956年、フランクフルト・ショーでの発表以来、このモデルは、常に、世界中すべての自動車から、その開発の方向が注目されてきました。
求められるものはいつも、未来を視野に入れたメルセデス・ベンツからの回答にほかなりません。
しかし、メルセデス・ベンツが目指してきたもの、目指しているものは、いつの時代にあっても、人を大切にする車づくりに尽きます。むしろ、この普遍的なテーマを妥協を許さずに追求してきた姿勢こそが、今日のSクラスを至高の一台としているのです。
流麗にして風格に満ちた、デザイン。新しいSクラスには、かつてない快適性、安全性、先進性、さらに、自動車の未来像を示唆する環境への配慮が盛り込まれています。
そして、なによりも「人」を発想の原点とするニューSクラスでは、ドライバーに対してある特定の運転スタイルを強制することはありません。
スポーティな運転と、まったくリラックスした運転とを、その時、その人によって選択していただけます。
自動車が人にとってどれだけ快適な乗り物となることができるのか、そしてどれだけ環境に対しても優しいものとなれるのか。
それは、メルセデス・ベンツを象徴する「Sクラス」という名を冠する車に込めた思いです。自動車エンジニアリングにおける1世紀を越える伝統の中で培われた品質、そして最善を尽くして研鑽された知識と熟練の成果をもってはじめて、確かな未来を望むことができる。
ニューSクラスに注がれた創意、技術、そして思想。
そのひとつひとつが、21世紀にむけて、自動車のための新たな指標を築きます。
W140の1991年9月現在のカタログより抜粋しました。これから少しずつUPして見ます。
w140-hyousi

ベンツCクラスW203

ウインカーレバー2006年01月28日

ウインカーレバー

スポンサードリンク

ウィンカーレバーは軽く触れると3回点滅し、進路変更などのときに便利です。
その操作感が硬いような、ぐにゃっとしたような感覚です。
軽く触れるようなつもりでも、思わず押しすぎてしまうこともあります。
戻せばいいだけですけどね。
戻すときは、結構ぐっと押さなきゃなりません。
左折時などにステアリングを中央に戻しますが、少し戻した程度ではウインカーレバーは戻りません。
結構意図的にステアリングをセンターにしないと、カチカチいったままということがあります。
国産車だと少しステアリングを戻すとすぐ解除されて再度出すこともありますが、そういうことはほとんどありません。
個人的には両方の中間が良いように思います。
ウインカーレバーの先は、ワイパーのレバーですが、これも結構重たい感じの操作感です。

ベンツCクラスW203