スカイラインジャパン2000GT−ES

スカイラインジャパン2005年09月13日

スカイラインジャパン

スポンサードリンク

22年ほど昔でしょうか、スカイラインジャパンの2ドア、2000ccのGT−ESと言う車に乗ってました。

フロントのライトが丸4灯でハニカムグリル(蜂の巣型)ターボモデルではないL型でした。

パワーステアリングでない上に、うれしがって小径のステアリングにしていたので、取り回しにはえらく苦労しました。
パワーウインドウでもなかったような気がしますが良く覚えていません。

はっきり言って遅い車だったと思います。今の車から比べると小さかったのでしょうけど、当時はこれでも大きいと思いました。

交差点で右折しているときに、エンジンがスーッと止まってしまって、えらく怖い思いをしたことがあります。

そのころECCSかなんとかNAPSだったか、とにかくインジェクションコントロールの最初だったので、そんな不調があったように聞きました。

ガス欠のような、かぶったようなとにかく回らなくなるんです。

水平置針のメーターはカッコイイ!と思ったけど、そのころの車らしく、確か透過式メーターではなく、夜は暗かったように覚えています。

確か7連だったと思う、照明は緑だったかなー?あんまり覚えてないです。

よくあるホワイトボディでワークのホイルだったです。没個性的です。

今もガソリン高いですが、確かこのころ1リッター180円程度にもなってたような覚えがあります。満タンにすると万札飛んでました。

この車も1年のお付き合いでしたが、その後のスカイラインも1年でした。
何でかな。


ベンツCクラスW203